入れ歯・義歯

金属バネのない入れ歯スマイルデンチャー

スマイルデンチャー
従来の入れ歯は固定するための金属バネがあって、「目立つ」「違和感がある」「痛い」などの問題がありました。

当院が採用しているスマイルデンチャーは、固定するための金属バネがなく目立たない入れ歯です。ノンクラスプデンチャー(金属バネのない入れ歯)であるスマイルデンチャーであれば、「目立たない」「丈夫」「噛める」「痛くない」など、入れ歯をしていることを感じにくくとても快適です。

このような方に最適な入れ歯です。

  • 従来の入れ歯の金属部分が目立つことや、唇や舌への違和感が気になる方
  • 欠損している部位の左右の健康な歯を削るブリッジ治療が嫌な方
  • インプラントによる修復が困難な方・費用を抑えたい方(手術が怖い、十分な骨量がない、金額をもっと抑えたいなど)
  • 金属アレルギーの方
スマイルデンチャーなら従来の入れ歯や他の治療方法の悩みを解決できます。

スマイルデンチャーの強み

金具のない入れ歯のノンクラスプデンチャーの中でも、当院が採用するスマイルデンチャーは、特殊な弾力性に富むナイロン樹脂で作られており、非常に強く弾力性の高い素材でできています。これにより入れ歯を薄く作ることが可能で、薄くてもとても強く壊れにくいというメリットがありとても人気のある入れ歯です。

  • 素材が薄く装着感が良い
  • 素材が薄く見た目が良い
  • 素材が丈夫なので割れたり壊れにくい

従来の入れ歯(保険の入れ歯)との違い

保険の入れ歯とスマイルデンチャーの比較

①金属バネがない

従来の金属バネを使った部分入れ歯(保険入れ歯)は、残った自分の歯に金具(クラスプ)をかけて固定しますが、この金具がお口を開けた時にどうしても目立ってしまいます。また、入れ歯が合わなくなってくると、この金具が歯(残存歯)に負担をかけてしまいます。
スマイルデンチャーはこのような金具を使っていません。また歯肉に近い透明感のある色の素材を使っているので、入れ歯が入っているように見えません。スマイルデンチャーは外側から目立たないだけでなく、内側の金具もなくなるので、フィット感や舌感が良く、違和感も少なくなります。さらに隙間が少なく入れ歯と歯肉の間に食べ物が入るなどのトラブルも少なくなります。

②薄く目立たず快適

保険の入れ歯や部分入れ歯は、レジンという素材を使用しており、強度が弱いためどうしてもある程度の厚みが必要になります。そのせいで、固い・痛い・合わない・違和感がある・見栄えが良くない、などの様々な悩みにつながります。また美味しく食べるために不可欠な熱も伝わりにくくなってしまいます。

スマイルデンチャーは特殊なナイロン樹脂で作られており、薄く・弾力性に優れています。その強度と弾力性のおかげで、薄い・違和感がない・痛くない・目立たないという特徴があります。

③丈夫で壊れにくい

前述のとおり、スマイルデンチャーは強い特殊なナイロン樹脂で作られていますので、保険の入れ歯より頑丈で壊れにくいというメリットがあります。

入れ歯・義歯治療の費用・料金価格

ノンクラスプデンチャー
(スマイルデンチャー)
1~3歯 120,000円(税別)
4~6歯 150,000円(税別)


ご予約・お問合せ

ご予約やお問合せは、お電話または受付にて承ります。
▼ご予約・お問い合わせはこちら

TEL:03-3642-8841

TEL:03-3642-8841


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 
  
▲PageTop