歯周病治療・予防歯科

歯周病について

歯周病の原因となるデンタルプラーク

デンタルプラーク(歯垢)とは、複数の細菌からなるバイオフィルムで、歯にとって最も脅威となる暗殺集団ともいえるものです。
歯石を含むデンタルプラークを機械的に除去しない限り、歯の健康回復が難しいと言われています。

デンタルプラークに最も多い口腔内レンサ球菌は、口腔内では善玉菌ですが、血流中に入り込むと細菌性心内膜炎や関節炎を引き起こす悪玉菌となる。また特定のミュータンス菌は、脳出血に密接に関わるということが国立循環器センターなどからも発表されています。

歯周病原細菌などは歯肉細胞だけでなく血管内皮細胞に入り込み血管内壁プラークを作るため、歯周病は動脈硬化などのリスクがあると考えられています。その他にも発熱、骨粗しょう症、糖尿病、肥満、妊娠トラブルに関わるリスクも問題視されています。

歯周病と全身疾患

最近、歯周病と様々な全身疾患に関連があることが分かってきています。まだ解明が十分でないものもありますが、口腔内を清潔に保つことが歯周病や虫歯予防だけではなく、病気予防においても重要であることがわかってきています。

全身の健康を保つためにも、歯周病の引き金となるデンタルプラークをしっかり除去することが大事だと考えられます。

歯周病と全身疾患

当院の歯周病治療

当院では、毎週火曜日の夕方に大学病院の歯周病科から担当の先生が来て診療しています。
また身体に負担の少ないレーザー治療を導入しておりますので、患者さまの症状やご希望によりご相談下さい。

予防歯科

予防や定期検診の重要性

虫歯や歯周病のほとんどは予防をしっかりすることで未然に防ぐことができます。また万が一疾患してしまった場合でも、定期検診などで定期的に歯や口の状態をチェックをすることで早期発見・早期治療が可能となり、大切な歯を守るとともに余計な治療にかかる費用や苦痛を回避することができます。

定期検診

当院では、できるだけ患者様の歯を守るため、早期発見・早期治療できるよう定期検診の受診をオススメしております。 患者様の口の症状によりますが、多くの場合、保険適用で歯周病や虫歯のチェック、歯石の除去などの定期検診を受診することができます。一人ひとりの症状にあわせた最適な定期メンテナンスを行っていきますので、まずはお気軽にご相談下さい。

歯のクリーニング-PMTC

PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)とは、歯科医院にて専用器具を使って行う歯のクリーニングのことです。
ご家庭での歯磨きではなかなか取りきれない歯垢や着色汚れ、細菌(バイオフィルム)などを取り除き、虫歯や歯周病の予防ができます。

当院では、エアフローという歯面清掃器具を用いて、バイオフィルムの除去を行います。

フッ素塗布

歯の予防の一つして、歯磨きやクリーニング以外に、フッ素塗布というものがあります。

フッ素塗布の効果

フッ素を歯に塗ることで、歯と口の中の細菌に作用して、虫歯になりにくい環境を作ることができます。
  • 歯を溶かす酸を発生しにくくする
  • 酸から歯を溶けるのを守る
  • 再石灰化(エナメル質の修復)を助け歯を堅く丈夫にする
  • 初期の虫歯を修復する
など。

市販の歯磨き粉でよく「フッ素入り」というのを見かけますが、市販のものは薬事法で1000ppm以下の規制があり低濃度となります。歯科医院で行うフッ素塗布は薬事法の規制を受けないため、高濃度でより効果的なフッ素塗布ができます。

予防歯科治療の費用・料金価格

歯のクリーニング
PMTC(エアフロー)
上下顎 各3,000円(税別)
フッ素塗布 上下顎 各3,000円(税別)

ご予約・お問合せ

ご予約やお問合せは、お電話または受付にて承ります。
▼ご予約・お問い合わせはこちら

TEL:03-3642-8841

TEL:03-3642-8841


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 
  
▲PageTop